CSR
 
私たちの取組みをご案内します
活動
 
経営理念

私たちの商材は『もったいない』を具現化すること


『もったいない』の語源はともかく、現在では物の価値を十分に活かしきれておらず無駄になっている状態

を戒める意味で使用され、日本独特の深意な表現から世界の合い言葉になりえる日本語だそうです。

人類は、技術の進歩、産業の発展から便利さ豊かさを享受したものの、その過程の中で大量生産・大量消費を助長し地球温暖化により天災、人災などに大きな影響を及ぼしました。         
そこで私たちは、その反省から得た革新的な技術や思考を活用することにより『再生』をキーワードにメンテナンス業務やエコ商品の販売を通じ消費削減を推進することで地球環境、資源を守り地域社会への貢献と企業の発展を目指します。 

D&Cファシリティーズ株式会社
代表取締役 伊藤 巧
経営方針

当社は、社会に有用な付加価値および雇用の創出と公正で責任ある行動を通じて、持続可能な社会の実現を牽引する役割を担う。当社は次の10原則に基づき、関係法令及びその精神を遵守しつつ、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていく。

 

1.(持続可能な成長と社会的課題の解決)
社会に有用で安全な商品・サービスを開発、提供し、持続可能な成長と社会的課題の解決を図る。
2.(公正な事業)
公正かつ自由な競争ならびに適正な取引、責任ある調達を行う。
3.(公正な情報開示、ステークホルダーとの建設的対話)
企業情報を積極的、効果的かつ公正に開示し、企業をとりまく幅広いステークホルダーと建設的な対話を行い、企業価値の向上を図る。
4.(人権の尊重)
従業員をはじめすべての人々の人権を尊重する経営を行う。
5.(消費者・顧客との信頼関係)
消費者・顧客に対して、商品・サービスに関する適切な情報提供、誠実なコミュニケーションを行い、満足と信頼を獲得する。
6.(働き方の改革、職場環境の充実)
従業員の能力を高め、多様性、人格、個性を尊重する働き方を実現する。また、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を整備する。
7.(環境問題への取り組み)
環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動する。
8.(社会参画と発展への貢献)
「良き企業市民」として、積極的に社会に参画し、その発展に貢献する。
9.(危機管理の徹底)
市民生活や企業活動に脅威を与える反社会的勢力の行動やテロ、サイバー攻撃、自然災害等に備え、組織的な危機管理を徹底する。
10.(経営トップの役割と本方針の徹底)
経営トップは、本経営方針の実現が自らの役割であることを認識して経営にあたり、実効あるガバナンスを構築して社内、グループ企業に周知徹底を図る。あわせてサプライチェーンにも本経営方針の精神に基づく行動を促す。
また、本経営方針の精神に反するような事態が発生した時には、経営トップが率先して問題解決、原因究明、再発防止等に努め、その責任を果たす。

 
地球環境に関する行動指針
当社は、持続的発展の可能な環境保全型社会の実現に向かう新たな経済社会システムの構築に資するため、以下により事業活動を営むものとする。
 

1.環境問題に関する経営方針
すべての事業活動において、(1)全地球的な環境の保全と地域生活環境の向上、(2)生態系および資源保護への配慮、(3)製品の環境保全性の確保、(4)従業員および市民の健康と安全の確保、に努める。
2.社内体制
(1) 環境問題を担当する役員の任命、環境問題を担当する組織の設置等により、社内体制を整備する。
(2) 自社の活動に関する環境関連規定を策定し、これを遵守する。社内規定においては、環境負荷要因の削減等に関する目標を示し、遵守状況について、少なくとも年1回以上の内部監査を行う。
3.環境影響への配慮
(1) 生産施設の立地をはじめとする事業活動の全段階において、環境への影響を科学的な方法により評価し、必要な対応策を実施する。
(2) 製品等の研究開発、設計段階において、当該製品等の生産、流通、適正使用、廃棄の各段階での環境負荷をできる限り低減するよう配慮する。
(3) 国、地方自治体等の環境規制を遵守するにとどまらず、必要に応じて自主基準を策定して環境保全に努める。
(4) 生産関連資材等の購入において、環境保全性、資源保護、再生産性等に優れた資材等の購入に努める。
(5) 生産活動等において、エネルギー効率に優れ、環境保全性等に優れた技術を採用する。また、リサイクル等により資源の有効利用と廃棄物の減少を図るとともに、環境汚染物質の適正な管理、廃棄物の処理を行う。
4.技術開発等
地球環境問題解決のために、省エネルギー、省資源環境保全を同時に達成することを可能とする革新的な技術と製品・サービスを開発し、社会に提供するよう努める。
5.緊急時対応
万一、事業活動上の事故および製品の不具合等による環境保全上の問題が生じた場合には、広く関係者等に十分説明するとともに、環境負荷を最小化するよう、必要な技術、人材、資機材等を投入して適切なる措置を講ずる。
6.広報・啓蒙活動
(1) 事業活動上の環境保全、生態系の維持、安全衛生措置について、積極的に広報・啓蒙活動を行う。
(2) 公害を防止し、省エネルギー・省資源を達成するため、日常のきめ細かい管理が重要なことにつき、従業員の理解を求める。
(3) 製品の利用者に対して、適正な使用や再資源化、廃棄方法に関する情報を提供する。
7.社会との共生
地域環境の保全等の活動に対し、地域社会の一員として積極的に参画するとともに、従業員の自主的な参加を支援す

る。
8.地球温暖化等への対応
地球温暖化問題など科学的になお未解明な環境問題についても、省エネルギーや省資源の面で有効かつ合理性のある対策については、これを積極的に推進する。

 
社内での取り組み
 省エネルギー・省資源・廃棄物削減等の環境への取組みを開始
賛同する取組み
当社は2017年11月の合併に伴い現在の社名に変更されました。
以前の社名は『株式会社リプロ』REPRODUCTION:再生を意味するものでした。 
リプロの経営理念『もったいない』は、現在にも引き継がれています。 
当社は、横浜市資源循環局の推進する『ヨコハマ3R夢プラン』に賛同しパートナー企業としてリデュースを推進する活動を自社が入居するテナントビルオーナー様のご理解のもと各テナント様と協力し合い共に実行発信して行きます。
横浜市資源循環局 公式サイト:
ヨコハマ3R夢プラン
COOL CHOICE地球温暖化対策推進本部が開催され、「COOL CHOICE」を旗印として、政府を挙げた国民運動が展開されます。
D&Cファシリティーズは、この運動に賛同し「温室効果ガス排出量削減」を目指します
COOL CHOICE 公式サイト:
温室効果ガス排出量削減
ペーパレス推進

株式会社インフォマート B to B プラットフォームの提案

当社は、ペーパレスを推進すべく株式会社インフォマート社とアライアンスパートナー契約を締結し企業間で行われる各種書面の電子化に取り組んでおります。 

ECO Martは企業間で授受される膨大な見積書・契約書・取引伝票・請求書などを電子化し、
ペーパーレスによるCO2排出削減効果をもたらすエコへの取り組みです。
社会全体で見れば、企業間取引に関する書類はまだ電子化が遅れ、膨大な紙でやり取りされています。これら全ての書類の電子化が進めば、環境保護と企業の生産性向上に大きく寄与し、より良い社会が実現することは間違いありません。
私たちは、企業間取引の電子化を普及推進して、契約から受発注、決済、債権等に至る企業間のあらゆる取引情報の電子化を目指します。
これは、多くの企業がその意義を認めて協調することで実現できます。企業間取引に関わる活動が、環境にやさしく、かつ効率的な活動になります
個社の取り組みから社会全体の取り組みに変化させていくためにも、ぜひともご協賛・ご後援くださいますようよろしくお願い申し上げます。   【株式会社インフォマート】

「BtoBプラットフォーム」における2018年1月~9月の「ECO実績」は、

A4紙伝票枚数2億9,496万枚、杉の木19万本のCO2削減効果につながっています。

▼2018年1月~9月の実績
 削減できた伝票枚数:2億9,496万枚
       CO2排出削減量:174万6,177Kg
             杉の木換算:19万8,429本

▼2017年度の実績
 削減できた伝票枚数:3億6,585万枚
       CO2排出削減量:216万5,886Kg
             杉の木換算:24万6,123本

資料提供:株式会社インフォマート

私たちは、株式会社インフォマート社の理念に賛同しB to Bプラットフォームの販売促進に努めて参ります。
古紙回収推進&再生紙普及
「古紙」とは一度使われた紙のことで、新しい紙をつくる原料になります。再生可能な「古紙」は、さまざまなところから発生します。
オフィスからは、不要となったコピー用紙などがたくさん出ます。当社顧客の大半を占める各種施設からは、段ボールなども大量に発生します。
D&Cファシリティーズは、設立時からの企業理念『もったいない』を推進すべく古紙回収専門業者の協力を得て無償にて紙のリサイクルを進める案内をお客様にお伝えしています。
紙のリサイクルを進めることは、木材資源の有効利用になるだけでなく、省エネルギー、ゴミの減量などにも大きく役立つのです。
 
始業前日常清掃
横浜市営地下鉄 吉野町2番出口前にある一般家庭ごみの集積場および周辺の清掃を毎朝始業前に行っております。
2016年8月にゴミネットの購入設置から始まり活動を行っております
カラスによる生ごみの散乱や吸い殻のポイ捨てなど散々な有様です。
朝の清掃だけでは美観を維持することは困難ですが、コツコツ継続したいと思います。
地域美化活動
勉強会
資格取得支援
毎週木曜日の週報ミーテングの前後を利用して、部署ごとの担当社員に必要な専門知識(防犯防災、建設に関わる知識や法令など)や新商品の勉強会を取引先メーカー様や各種専門業者様のご協力を得て
月に2回程度行っております。
 
技能や知識の更なる向上を計るべく資格取得のバックアップも行っています。
環境関連法規等の遵守状況
中長期環境目標 2018年基準値取得
D&CファシリティーズCSR委員会
責任者:小林俊正
メンバー: 伊藤 巧(代表取締役)
      伊坂由香里
使用済み切手 寄付
使用済み切手による寄付活動
郵便局で回収された使用済切手は総務省の郵便切手普及課という
ところで1kg単位に箱詰めされて1000円~2000円で販売されます。
ボランティア団体で回収された使用済切手はそれぞれの団体内で同じように1kg単位に箱詰めされ販売されます。
これをキロボックスと言い、買う人は切手商と切手収集家です。
 
収益金は世界中で様々な活動に役立てられています。
消防団活動
横浜市南消防団 第三分団 第2班  社内有志2名入団
消防団員としての教育訓練を通じ緊急時、災害時に必要な知識や技術を習得することにより、地域住民はもとより、当社お客様の施設管理に優良なサービスを届けられるものと考えております
神奈川県南警察署より感謝状を頂きました
平成25年7月に神奈川県南警察署長より留置所の衛生環境の充実を図るために協力したとして感謝状いただきました。
D&Cファシリティーズ株式会社(旧リプロ)は、環境・健康・安全をテーマに社会に貢献できる企業を目指しています。
社会に役立つ製品の取扱い